◆ご商談中◆ 純銀製 1911年 バーミンガム製 ピアス細工 ポプリバスケット

URD-325

150,000円(税13,636円)

時代
購入数

◆状態◆

目立つようなキズや凹み等無く、良い状態です。


◆重量◆

220g


◆時代◆

1911年 バーミンガム製 Henry Matthews工房製


◆サイズ◆

全体の高さ16僉_I14.2cm ポプリ部分口径6.2cm ポプリ部分深さ4.5cm


◆商品説明◆

ポプリの歴史は古く、イギリスやスコットランドの古城には壺の中にローズポプリが詰まっています。スティルルーム(香りの製品を作るための部屋)ではポプリが盛んに作られていましたと言われています。

衛生状態のよくない時代には、ハーブで作られたポプリが部屋の空気を浄化し、良い香りで部屋を快適に整えていたのです。ビクトリア時代にはポプリの香りが漂い出るよう、蓋に穴を開けたポプリポットが盛んに作られるようになりました。

その流れを汲んでいるのでしょう。本品は、1911年製となります。

壺ではなく、可愛らしいハンドル付きのバスケット型が三振なデザインです。

蓋の部分の優雅なピアス細工からほのかに良い香りが漂う事を想像しただけで、エレガントな気分に浸れます。

現代では、蓋を外してフラワーアレンジメントを楽しんだりもできそうです。

小さなキャンディなら、この可愛いバスケットに収まりそうです。

アイディア次第で、活躍してくれそうなアンティークシルバーです。