オランダ ローゼンブルク アール・ヌーボー花紋 花器

URC-246

0円(税0円)

在庫状況 SOLD OUT

時代
サイズ



◆状態◆

目立つようなキズやカケ、修復等なく良い状態です。

ローゼンブルク窯にありがちなカンニュウもなく、完品です。


◆商品説明◆

オランダが誇る名窯「ローゼンブルク」の花紋の花器です。

オランダの至宝と言っても、過言ではないオランダを代表する窯「ローゼンブルク(ローゼンブルフと表記する場合もあります)」の花器です。

オランダを代表する窯でありながらも、その歴史は1883年〜1917年という非常に短い期間です。

それ故に現存する作品数は少なく、稀少品です。

ローゼンブルク窯は、オランダのデン・ハーグにて創業されました。1877年の美術産業博覧会を機にオランダでは新しいスタイルを模索しローゼンブルクが誕生しました。

日本の徳利を思わせる形状ですが緩やかかつシャープなラインがある点が徳利とは全く異なる雰囲気です。

そして、特筆すべきは極限までの薄い作りのエッグシェル磁器という点です。

ローゼンブルクの代表作と言える、「エッグシェル」は試行錯誤を繰り返しながら焼成に成功します。

1900年開催の万博において、称賛されて注目を浴びるようになりました。

しかしながら、このエッグシェル磁器はその薄さと形状ゆえに制作にコストがかかり窯の経営が傾く結果を招きました。

こうして、ローゼンブルク窯の歴史は幕を閉じました。

本品は、ローゼンブルク窯を代表する絵付師シェリング(Schelink S)作となります。

ローゼンブルク窯を代表する絵付師であった、サミュエル・シェリング(1876年〜1958年)は美しい植物紋、鳥紋、昆虫紋といった絵付けを手掛けています。

点画のような独特の絵付け技法で、繊細かつ大胆に表現するスタイルは、他の窯では見られない絵付けです。

この素晴らしい磁器は、現存数が少なくその多くはアムステルダム国立美術館に所蔵されています。

本品は、恐らく薊の花を抽象化して表現しているように見えます。

棘がある葉と大輪の花が独特の色彩で描かれているのが、見る者に強烈な印象をあたえます。

この花器を眺めると、ゴッホの作品をイメージするのは私だけでしょうか?

この小さく素晴らしい花器を、ゴッホの「向日葵」と一緒に飾ってみたいと感じます。

今まで扱ってきたシェリンク作のものとは異なる力強い色彩で、興味深い物があります。

僅か10cm弱の小さな花器ですが、その力強さは類を見ない仕上がりです。

稀少性の高い名品をお探しの方に、是非ともおすすめしたい作品です。