サイズ

高さ15cm 横10cm 奥行7cm

ドイツ
メーカー
マイセン
年代
1880年頃
状態
目立つような修復はございません。レース部分に小さなカケはございますが、レース人形の繊細さを考えると目立つほど大きくなくアンティークとしては充分に良い状態です。
マイセンを代表する人気シリーズの一つである「五感の寓意」シリーズのうちの1体です。ヨハン・カール・シェーンハイトが1772年に考案したモデルとなります。人間の持つ五感「触覚」「視覚」「味覚」「嗅覚」「聴覚」を表現したシリーズで、本品は貴婦人が鳥に触れる様子を「触覚」に見立てて表現しております。貴婦人のボンネットやドレスに細かいレースが使われており、とても繊細なつくりです。レースを使用したモデルは、マイセン人形の中でも完成度が高く人気があります。愛らしい小鳥に触れて、慈しむ貴婦人が表現されたお品です。




戻る