サイズ
全体の高さ15cm 横幅9cm 奥行7cm
ドイツ
メーカー
マイセン
年代
1880年頃
状態
目立つような修復はございません。全体的には良い状態です。
マイセンを代表する宮廷彫刻家であった「アシエ」が考案した天使像のシリーズの1体です。三角形の台座に乗っていることから、「三角台」の天使と言われますが、「戯言の天使」というタイトルが付されています。フランス人であったアシエは、この三角台の部分にフランス語の格言を入れています。ハートに結ばれたリボンが切れているのをルーペで探しているので、天使の顔にやや憂いが見られます。丹精な天使の顔とその表情が美しいフィギュリンです。サイズ的にも程よいサイズなので、何処に飾っていただいても可愛らしいです。シリーズで集めるのもおすすめです。




戻る