サイズ
カップ(直径5.5cm 高さ4.5cm) ソーサー(直径10cm 深さ1.5cm)
ドイツ
メーカー
マイセン  
年代
1880年頃 
状態
目立つような傷はございませんが、花づくしは非常に繊細なものでどうしても古いものは花の部分や葉の部分に小さなカケがあります。こちらもカケがありますがお品のレベルを損なうものではございません。カケの部分は、補色で色味をつけて目立たないようにしてから納品いたします。それ以外は良い状態です。
ドイツのマイセンの花紋の花尽しのカップ&ソーサーです。ユリの花のような花のアップリケがつけられています。あるいは、ソーサーの表面に水仙が描かれているのでもしかすると水仙をイメージしてアップリケを作ったのかもしれません。サイトに紹介しているブルー1色とはまた雰囲気が異なり華やかな印象です。状態にも記載してありますが、装飾の部分の花のアップリケの部分はこの製品が繊細なためにカケが見られます。かけの部分の白い部分が目立たないよう同色をつけて気にならないように致します。繊細でマイセンらしい手仕事の集大成といえるお品です。花づくしのカップは、ソーサーの外側にも手作りの花がつけられていて画像のようにソーサーを返してディスプレイするのものおすすめです。当店おすすめのアンティークカップです。




戻る