純銀製葡萄紋ティーキャディスプーン

 

 

 

 

 

 



品番

P-290

価格

SOLD

商品名
純銀製 1808年 バーミンガム製 葡萄紋 リーフデザイン ヴェルメイユ仕上げ ティーキャディスプーン
サイズ
全体の長さ7.5cm 横幅3.5cm 
重量
10g
年代

1808年 バーミンガム製 Joseph Willmore 工房製

状態
目立つようなキズや凹みなどはございません。良い状態です。
バーミンガムを代表する有名工房のJoseph Willmoreのティーキャディスプーンです。彼は、1790年に誕生し1808年に工房を設立したときは僅か18歳でした。その後1851年まで創業をしております。彼の作品は全体的に繊細さを感じさせるものが多いように思えます。彼の作品で非常に有名なものは鷲の翼をボウルに見立てたティーキャディスプーンです。ティーキャディスプーンを代表する逸品と言って過言ではないでしょう。本品は、その彼が1808年初期に作ったものです。中央の葡萄の紋様は応答が非常にはっきりと表現された立体的なデザインです。葉の葉脈も丁寧に表現しております。キャディスプーンのボウルは、葡萄のはを形どったデザインとなっています。ヴェルメイユと呼ばれる金メッキ仕上げが豪華さを際立たせております。キャディスプーンの持ち手は、葡萄の蔓を表現したものでくるりと丸くなっております。非常に精巧な作りはJoseph Willmoreならではだと思います。





戻る