サイズ
直径26cm
ドイツ
メーカー
ドレスデン ラム工房(Ambrosius Lamm)作 ペインターサイン有  
年代
1891-1914年頃 
状態
目立つような傷や欠けカンニュウは無く、概ね良い状態です。
数多くあるドレスデンの工房の中でも素晴らしい作品を絵付けしたAmbrosius Lamm(通称ラム工房)の作品の26cmプレートです。ペインターのサインが左下に入っております。ラム工房は、1887年から1949年まで絵付けを行っておりました。本品は、1891年から1914年頃の時代の作品です。ポートレイトと呼ばれて沢山の自分物を絵皿に絵付けしております。上品な濃紺に厚みのある金彩と美しい貴婦人の人物画がとても見事です。絵画を思わせる緻密な絵付けと生き生きとした表情がとても素晴らしいです。この女性は、「エリザベート・シャルロット・ドルレアン」という人物で、ルイ14世の弟オルレアン公フィリップ1世と、2度目の妃であるエリザベートの末子として、サン・クルー城で生まれた女性です。ロレーヌ公レオポルトの妃です。1729年には摂政を務めました。このポートレイトからも聡明で、その片鱗が伺えます。彼女は、1676年に誕生して1744年に亡くなりました。ポートレイトの女性の由来までもしっかりと特定できて面白いです。当店では、このような美しいプレート用の額装手配も行っております。金の枠の額でしたら在庫がございますので、お申し付け頂ければそちらも販売可能です。美しい逸品のプレートは当店おすすめのアンティークです。




戻る