品番

N-490

価格
¥29,000(税込)
商品名
ドイツ ニンフェンブルク窯 薔薇紋 カップ&ソーサー
サイズ
カップ(直径5.5cm 高さ4cm) ソーサー(直径11cm 深さ2cm)   
ドイツ  
メーカー
ニンフェンブルク窯 
年代
1930年代以降~
状態
目立つようなキズや欠けはございません。良い状態です。
ニンフェンブルク窯の歴史は、1747年にまで遡ります。ニーデルマイヤーが、マクシミリアン3世の資金援助を受けてノイディック城内に作られたのが始まりです。1806年からは、王立磁器工場として発展していきます。マイセンの影響を受けながらも独自の作風を打ち出し様々なテイストのものを作りましたが、マイセンとは一線を画し生産数が少ないです。こちらのカップは、古くから継承されるパターンを使用したもので作られたのは1930年以降ですが、当時の作風に忠実に描いております。赤紫色の一色でサラリと薔薇紋を描いているのが特徴であり、個性的な黒を使用しているのがニンフェンブルクらしいセンスです。ニンフェンブルクの白磁は、マイセンの白磁に引けを取らないくらいの素晴らしい品質です。その白磁に黒と赤紫色の2色のコントラストが良く映えます。





戻る