サイズ

ペンダントトップ部分(縦4.5cm 横2cm) チェーンの長さ(42cm)

イギリス
材質
ペンダントトップ(9K) チェーン(24K)  
時代
1900年代
説明
ペンダントトップは、9金ですがチェーンは24金ですので後から付けたものです。チェーンの作りは、非常にしっかりとしていて重量感もありますのでとてもリーズナブルプライスです。またペンダントトップ本体は、美しいアクアマリンが2石付けられております。どちらも動きに合わせて揺れ動く作りになっているので身につけた時に非常にエレガントです。アクアマリンの中心は丁寧なミル打ちが施されていてるので上品な印象です。普段使いに気軽に使えるアンティークジュエリーです。





戻る